認知症の予防に努める!|食事と運動で脳の活性化計画

薬

ジンジャーパワーを利用

女性

冷え症になると、単純な寒気は勿論、体に様々な不調をもたらします。悪化すれば、免疫力や基礎代謝の低下が起こってしまうのです。そうなったら、日々の食事をバランスよくとりましょう。それが無理なら、生姜のサプリに頼りましょう。

もっと詳しく

家族に迷惑をかけない為

栄養補助食品

認知症は、恐ろしい病です。今だからこそ、全国に知れ渡った症状で完治するのは難しいとされています。それに、介護をするとしても、介護をする家族にとっても一番の負担になりかねません。ちょっと目を離したら、外まで徘徊してしまい何らかのトラブルを招いてしまいます。以前、ニュースで認知症患者がホームから落ちてしまい、轢かれて死亡した事故がありました。その事故の為に、電車は数分の遅れを出してしまったことで、認知症患者の家族に数億円の賠償金が請求されてしまったのです。なので、認知症患者から目を離せないという面で、一番神経を使います。それだけではありません。認知症患者は、同じ家族であっても誰なのか分からなくなってしまいます。また、愛用していたものが紛失してしまったら、家族の誰かの所為にしてしまうのです。それほどの過酷な環境に置かれる家族は、体と心がぼろぼろになってしまいます。もし、認知症特有の症状が現れたら、すぐに予防に努めましょう。早期発見なら、ある程度の進行を阻止することが可能です。
認知症の予防としては、食事です。毎日栄養バランスがとれている食事を食べていれば、認知症の予防ができます。バランスの良い食事が用意できない場合は、カレーを多めに食べておくのも最適です。カレーに含まれるスパイスには、認知症予防に効果があるものがあります。インドでは、認知症を発症している人が少ないのはそのためです。
次に、適度な運動を心がけましょう。ランニングや球技、武道をやっておけば、動くことによって酸素が取り込まれ、脳の活性化が期待できるからです。日々の食事と運動で認知症を予防しましょう。

体のケアをサプリで

お腹

飲み会では、多くの料理やお酒が楽しめます。お酒や料理を楽しんだ後に、ボディケアは必要です。お酒を大量に飲んで大量に料理を食べたら、コレステロール値が上昇します。コレステロールを下げるためにもサプリを利用しましょう。

もっと詳しく

魚の力をサプリで摂取

女の人

日本人は、昔のように魚を食べなくなりました。それだと、魚が持つDHAを摂取することができません。魚のDHAをサプリで摂取するなら、魚嫌いの人でも、簡単にDHAが体に取り込めます。サプリを選ぶ際には、無臭のものを選びましょう。

もっと詳しく